子供がワキガになった!対策はどうしたらいい?

もし、お子さんがワキガになってしまったら、何とかして助けてあげたいですよね。

泣く女の子

とは言っても、ニオイというのはデリケートな問題ですから、親子だとしても、いろいろと難しいところがあるのではないでしょうか?

そこで、お子さんのワキガ対策について、注意したい点をまとめてみたいと思います。

スポンサードリンク


思春期以前のお子さんの場合

一般的に、ワキガを発症するのは、第二次性徴(思春期)の時期が多いと言われています。

ところが、近年は、栄養状態の関係や生活環境の変化などによって、ワキガが発症時期が低年齢化している例も多いようです。

そこで、まずは、そのような第二次性徴(思春期)以前のお子さんにおける、ワキガに対しての対策の注意点をお話したいと思います。

小学生この時期のお子さんは、まだ自分ではワキガのニオイに気づかないことがほとんどです。

ましてや、自分が臭うなどということは、考えもしていないでしょう。

ワキガは遺伝によるものですから、ワキガになる可能性があることは事前にわかるはずです。

ですから、

親御さんがこまめにチェックしてあげましょう。

しかし、特にこの時期には、過剰に反応しすぎないことが望ましいです。

露骨にニオイを嗅いだりすると、

自分はクサいんだ、と心に深い傷を負ってしまう

こともあります。

なので、あくまでもさり気なく、確認するようにしたいものです。

そして、ワキガが発症したら、速やかにワキガ対策クリームなどを使って、対処してあげましょう。

この時点でも、まだお子さんには直接ワキガとは伝えない方がいいと思います。

「あせもになると、困るからね」などと言って、ワキの下に塗ってあげてください。

思春期以降のお子さんの場合

実際にワキガを発症することが多いのは、この時期からです。

ちょうど、「お年頃」の時期と重なります。

このくらいの年齢になったら、お子さんがご自身でワキガに気づくまでは、見守るのがいいでしょう。

ただし、周囲にははっきり分かるほどになっていても、本人は気づかないこともあります。

そのような場合には、それとなく「最近ちょっと臭うよ」などと言って気づかせてあげることも、必要になるかもしれません。

そして、

お子さんが気づいたときには、そっと手を差し伸べてあげましょう。

もしあなたがワキガならば、同じような経験をしてきたはずですから、きっと良いアドバイスができるはずです。

ただ、この際に気をつけなければいけないのは、ワキガをネガティブに考えさせないようにすることです。

「こうすれば、大丈夫!」と言って、心配しなくてもいいことを伝えます。

さらに、正しい対処の仕方を教えてあげれば、お子さんはきっと安心することでしょう。

お子さんのワキガにはこちらがオススメ

ワキガの対処の仕方というのは、いろいろ考えられると思います。

ですが、お子さんのことを考えると、

安全でかつ効果が高いものを使いたい

ですよね。

そのようなお子さんにオススメなのが、こちらのワキガ対策クリームです。

お子さんも安心!オススメのワキガ対策クリーム ⇒

多くの方がその効果を認めていらっしゃいますし、お子さんでも使える安全な材料で作られています。

お子さんが辛い状況にならないようにするためにも、実績のあるもので、しっかりとケアしてあげたいものですね。

スポンサードリンク