ポリエステルの服を着るとワキガのニオイがひどくなる?

困るある特定の服を着たときだけ、やけにワキガのニオイがきつくなる、という経験をされたことはありませんか?

実際のところ、そのようなことは本当に起こり得ます。

その原因の1つは、

服の材質によるもの

と考えられます。

そして、そのやり玉によく挙げられるのが、

「ポリエステル」

です。

スポンサードリンク


ポリエステルの服を着るとワキガのニオイがひどくなる理由

ポリエステルの服を着たからといって、ワキガ自体が悪化するわけではありません。

体質が変わるわけではないんですね。

正確に言えば、ポリエステルの服を着ると、ワキガのニオイがさらに強くなり、拡散しやすくなってしまう、というのが本当のところです。

このことは、ポリエステルに限らず、ナイロン・アクリル・ポリウレタンといった、

石油製の化学繊維全般に言えること

でもあります。

吸汗性が悪い

ワキガのニオイは、アポクリン腺からの分泌物や汗などを、ワキの下の細菌が分解することにより発生します。

ポリエステルなどの化学繊維は、これらの分泌物や汗などを吸収する力が弱いのです。

なので、分泌物や汗などがそのまま肌に残ってしまい、これを元に細菌がさらにニオイを発生してしまうことになります。

通気性が悪い

先にお話したワキガのニオイを発生させる細菌は、高湿度の状況において、活発化し増殖します。

ポリエステルなどの化学繊維は通気性が悪いため、これらの素材の服を着ていると、ワキの下の湿度が高くなります。

この状態は、細菌にとって格好の環境です。

ですから、細菌は活発に活動し、増殖するため、さらにワキガのニオイを強めることになります。

ワキガの場合の対処法

綿製の服を着る

綿は、化学繊維と違って、特に吸汗性に優れていますし、化学繊維と比べて通気性がよい素材です。

このことから、綿を含む割合が高い服を着ることで、ワキガのニオイをある程度緩和させることができます。

綿100%であれば、なおいいでしょう。

少なくとも、インナーや直接ワキの下が当たるような服は、綿製のものにしたいですね。

ちなみに、ワキの下が開いてしまうようなノースリーブやタンクトップなどは、ワキガのニオイをそのまま晒すようなものですので、絶対に避けるべきです。

ワキガ対策クリームを使う

でも、ワキガということで着ることができる服が限られてしまうのも、悲しいことですよね。

クリームこんなときにおすすめしたいのが、

「ワキガ対策クリーム」

です。

ワキガ対策クリームで、ニオイの元となる分泌物や汗を抑えてしまい、さらに細菌を殺菌してしまえば、どんな素材の服を着ても、ワキガのニオイを恐れることはありません!

特にオススメしたいのが、

こちらのワキガ対策クリーム。

汗にも強く、朝に塗れば夜まで効果が持続するという、スグレものです!

着る服を選ぶのに悩むくらいであれば、一度お試しになってはいかがでしょうか?

オススメのワキガ対策クリームはコチラ! ⇒

スポンサードリンク