Ag+(エージープラス)はワキガに効くの?効かないの?

AG+ネット上を調べていると、資生堂の「Ag+(エージープラス)」は、ワキのニオイを消すのに効果がある、と評判がいいですね。

「ニオイ鑑定人」なる外国人のオジサンが、女の人のワキのニオイを嗅いで「◯」の札を上げる、というCMでも有名です。

さて、このAg+。

きついワキガのニオイには、どれほど効果を発揮するのでしょうか?

スポンサードリンク


Ag+の消臭のしくみ

除菌・殺菌効果

その名前にもなっているAg+ですが、これは「銀イオン」のことです。

実際に含まれている物質の正式な名称は、「銀含有アパタイト」というものですが、これに銀イオンが含まれています。

この銀イオンには、除菌・殺菌効果があることが実証されています。

加えて、IPMP(イソプロピルメチルフェノール)という物質も含まれていて、これにも除菌・殺菌効果があります。

ワキのニオイを発生させるのは、ワキの下にいる細菌ですから、除菌・殺菌することでニオイをなくそう、というわけです。

制汗効果

Ag+には、制汗効果のあるミョウバンが含まれています。

汗は、ニオイの元となったりニオイを拡散させるので、これを抑えれば、ニオイも軽減できることになります。

なお、資生堂の公式サイトには書かれていませんが、ミョウバンには他にも「殺菌作用」「消臭作用」があることが知られています。

(ミョウバンについて、詳しくはこちらの記事(ワキガへのミョウバンの効果とは?)をご参考にしてください。)

Ag+のワキガへの効果は?

さて、本題です。

Ag+は、ワキガには効果があるのでしょうか?

結論を言うと、

ある程度の効果は見られる人もいるが、決定的な弱点がある

ということになります。

汗に弱い → 持続力が弱い

資生堂の公式サイトでは、「汗をかいても流れ落ちない」と謳っています。

ですが、実際に使ってみると、それほど汗に強いとは思えません。

元々、さほど汗をかかない人には効果があるのかもしれませんが、大量の汗では流れてしまいます。

そして、汗に弱いということですから、当然のことながら、持続力も弱いということになります。

汗ジミができる

ワキガの場合、服のワキの下の部分に黄ばみがつくことがあります。

この状態で、さらにAg+を使うと、さらに強い黄ばみになることがある、という情報があります。

また、銀は金属ですから、酸化してしまうことで、茶褐色や黒っぽい色になることもあります。

きついワキガには効果が薄い

さまざまな情報を見ていると、軽度のワキガの場合には、Ag+がある程度の効果を発揮するのは確かです。

一方で、きついワキガの場合には、まったく効果がないわけではないが、効果は薄い、という声が多く聞かれます。

使い方次第では効果が高まることもあるようですが、基本的には気休め程度、ということになりそうです。

汗に強いワキガ対策クリーム!

このように、Ag+は人によっては効果的なこともありますが、汗の量が多い人やきついワキガの人には効果が薄いようです。

そこで…

Ag+を使っても効果がないという場合に、オススメしたい商品があります!

この商品は、Ag+の弱点を見事に克服しています。

私も使っているのですが、一度使ったらやめられなくなってしまうほどのものですよ!

Ag+よりオススメしたい商品はこちら! ⇒

スポンサードリンク