更年期障害がワキガを誘発することはあるのか?

更年期

先日、「更年期になったらワキガになった…」という相談のメールをいただきました。

私はまだ更年期ではないので実感したことはないのですが、いろいろと調べてみるとそのように感じている方は結構多いようですね。

その他にも、更年期になってワキガのニオイが強くなった、という声も聞かれます。

実際に、更年期になってワキガになったり、ワキガのニオイが強くなるということはあるのでしょうか?

スポンサードリンク


更年期になってワキガになった…の真実

結論から言うと、

更年期になったからといって、ワキガになるということはありません。

というのも、ワキガのニオイの元となる物質を分泌するアポクリン腺の数は、年齢によって増減することはないからです。

したがって、もともとワキガではない人が、更年期を迎えて急にワキガを発症することは考えられないのです。

ただし、

更年期になって、ワキガのニオイが強くなることは可能性としては考えられます。

では、どうしてこのようなことが起きるのでしょうか。

更年期にワキガのニオイが強くなる理由

汗を多くかくようになることによるもの

更年期になると、よく「顔が火照る」といった症状が出てきます。

これは、「ホットフラッシュ」と呼ばれるもので、顔や首から汗が吹き出すように出てくることが多くなります。

もうひとつ、更年期になると、イライラしたり不安になることによる発汗も見られるようになります。

これは、「精神性発汗」と呼ばれます。

これら2つの要素により、更年期になると汗の量が増えることがあります。

これらの汗は、ともに濃度が高く、蒸発しにくい性質を持っています。

加えて、アンモニアなどのニオイの強い物質が多く含まれていることも特徴です。

これらのことによって、それまではさほど気にならなかったワキガのニオイを感じやすくなることがあるのです。

加齢臭によるもの

加齢臭というと、男性のイメージがあるかも知れませんね。

しかし、女性にも加齢臭はあります。

しかも、加齢臭が出始めるのは、ちょうど更年期の時期と重なることが多いのです。

もともと気にならなかった程度のワキガのニオイが加齢臭と混ざることで、イヤなニオイと感じることがあります。

これを、ワキガのニオイが強くなった、と考えてしまうケースがあるわけです。

嗅覚の変化によるもの

更年期になると、身体の状態が変化します。

その際に、嗅覚も変化することがあります。

ニオイの感じ方が変わることによって、

  • ニオイを強く感じる
  • それまで何も感じなかったニオイをイヤなニオイと感じる

といったことが起こることがあるのです。

まとめ

実のところ、ワキガのニオイは更年期が過ぎると収まっていくものと言われています。

ワキガがフェロモンの一種ではないか、と考えられているのもこのためです。

なので、あわてて手術などをする必要はありません。

更年期の間だけ、何とか対処すれば済む話です。

あまり深刻にならずに、とりあえずの対処法を考えるようにすればいいでしょう。

⇒ 更年期のワキガの対処におすすめのモノとは?

スポンサードリンク